ミナモ日記|ミナモ|カフェ・古道具

ご報告

2021年01月05日

ご報告がございます。

突然のご報告申し訳ございません。

ミナモは、2020年12月30日をもちまして、営業を終了させて頂きました。

2011年春の開店以来、多くの皆様にご愛顧頂きましたこと、

心より御礼申し上げます。

事前に皆様に、営業終了することをお伝えしないまま、

このような形でご報告しますこと、深くお詫び申し上げます。

経緯をお話させて頂けたらと思います。

長い拙い文になりますこと、ご了承下さいませ。

ミナモの営業につきまして、ここ数年続けていくか悩んでいました。

昨年2020年を迎えた時点で、自分自身の気力体力、家の事情、

これから自分がしていきたい生活を考えた上、漠然とはしていましたが

ミナモ9周年を迎えた節目で営業を終了することを決めました。

その後すぐに、想像もしていなかった新型コロナウィルス感染拡大の問題が

どんどん大きくなっていきました。

不安の中での営業、緊急事態宣言の発令、お店の休業となりました。

休業中に9周年を迎えることになり、お客様に会えない日々が続きました。

もう一度笑顔でお会いできるようお店を再開させよう

お客様が好きと言ってくださる、夏のメニューまでがんばろうと思いました。

お店を再開し、またあたたかい時間をお客様と共有させて頂くと

欲がでて、なんとか年末まで、できることなら、10周年まで。と思いました。

けれど、新しい出発をするならば、年内いっぱいの営業がいいと決心致しました。

お客様に、いつどのようにお知らせしたらよいか、最後まで悩みました。

ふと、初心にかえろうと思いました。

穏やかな静かな時間、ほっとする時間をすごしていただきたい。

最後の時までミナモらしい空間で、お客様をお送りしたい。

あるお客様が「帰りはしあわせな気持ちで帰るんですよ」と

とても嬉しいお言葉をかけてくださいました。

本当にうれしかったです。この時、迷っていた気持ちに答えが出たように感じます。

直接、お客様お一人お一人に御礼を申し上げなければいけないところ

このような決断に至りました事、重ね重ね深くお詫び申し上げます。

本当に申し訳ございません。

そういえば、昔中屋金物店という、金物屋の2階に

何か不思議な店があったなーと、拙い季節のメニューとともに、

思い出していただけたなら、しあわせです。

家族と過ごした懐かしい空間に、お客様と過ごしたミナモでの楽しい愛おしい思い出が加わり

この重ねた日々が、次の一歩へ進むための大きな力になってくれることと、

信じています。

先のことは、まだわかりません。

自分が心地いい、これ好きだなーということを大切にしていったら

また何かに出会えるような気がしています。

さみしいけれど、自分らしく一歩一歩進んでいきたいと思います。

ミナモをつくるにあたり、素敵な出会いがあって実現することができました。

ミナモを開店してからも、たくさんの素敵な出会いがありました。

うれしいめぐりあわせ出会いに感謝しております。

ミナモに、携わってお力を下さいました多くの皆様、

ずっと支えてくれた友人、家族、亡き両親、ご先祖様、チェリー(皆様に可愛がって頂きました)

そして、わかりにくく、入りづらい店にもかかわらず、季節季節、お天気がいい日も悪い日も、

不安な日々も変わらず、足を運んで下さり、あたたかく見守って下さいました

お客様のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。

至らないことも多くご迷惑おかけしたことお詫び申し上げます。

まだ、不安な日々が続いておりますが、皆様の健康な日々と

少しでも早く穏やかな日常が戻ってくることを心より願っております。

あたたかいお気持ちをたくさんたくさんいただきました。
本当に本当にありがとうございました。  

また、どこかで。(願いを込めて)   2021年 1月5日

                    
ミナモ 板倉百子


CATEGORIES